swallow-dale logo

[home] | [SWALLOW-DALE] | [my favorite things] | [平田信芳文庫] | [profile] | [mail]


スワロウデイル

 編集工房SWALLOW-DALEのアーカイヴ準備室です。ときどき更新します。

平田信芳文庫

 平田信芳(1930年9月15日 - 2014年2月15日)の思い出に、
「平田信芳文庫」を開設しました。(2014年10月28日)

 

SWALLOW-DALE

 不定期刊小冊子『SWALLOW-DALE』をPDFで公開していく予定です。おもに鹿児島についてのテキストになります。忘れられている、忘れ去られている話題を取り上げていく予定です。時代遅れというか、時代とずれた話が続く予定です。

 

my favorite things

 しばらく「20世紀書店」が続きます。ほかの世紀にもお邪魔します。

 

326. 1958年の『佐藤春夫詩集』と『堀口大學詩集』(2020年11月18日)

1958年の『佐藤春夫詩集』と『堀口大學詩集』

1958年(昭和33年)の角川文庫。
佐藤春夫編『堀口大学詩集』と、堀口大学編『佐藤春夫詩集』です。

50年来の友人、佐藤春夫(1892~1964)と堀口大学(1892~1981)が、お互いの詩集を編むという趣向です。

それぞれ200ページほどの、文庫本らしい本です。
双子の詩集です。

考えてみると、今、お互いの作品を選んで、文庫本の詩集を編める詩人の組合せというのは、あるのでしょうか。
個々の選集なら、いくらでも思い浮かびますが、互選となると、なかなか思い浮かびません。

今が、詩人にとって友愛の時代でなく、孤立の時代ということなのでしょうか。

手もとにあるものは、古本屋さんで購入したもので、佐藤春夫編『堀口大學詩集』が1964年の4版、堀口大學編『佐藤春夫詩集』が1971年の21版。いずれも版を重ねていたようですが、今は絶版です。