swallow-dale logo

[home] | [SWALLOW-DALE] | [my favorite things] | [平田信芳文庫] | [profile] | [mail]


スワロウデイル

 編集工房SWALLOW-DALEのアーカイヴ準備室です。ときどき更新します。

平田信芳文庫

 平田信芳(1930年9月15日 - 2014年2月15日)の思い出に、
「平田信芳文庫」を開設しました。(2014年10月28日)

 

SWALLOW-DALE

 不定期刊小冊子『SWALLOW-DALE』をPDFで公開していく予定です。おもに鹿児島についてのテキストになります。忘れられている、忘れ去られている話題を取り上げていく予定です。時代遅れというか、時代とずれた話が続く予定です。

【2017年12月14日】『SWALLOW-DALE 05』として『平田信芳選集II 石碑夜話』のPDFを公開しました。

 

my favorite things

 しばらく「20世紀書店」が続きます。ほかの世紀にもお邪魔します。

 

254. 2018年の「言語と美術――平出隆と美術家たち」展のフライヤー・リーフレット(2019年1月21日)

2018年の「言語と美術――平出隆と美術家たち」展のフライヤー・リーフレット

行きたかったけど、行けなかった展覧会のフライヤーやリーフレットを、友人が送ってくれました。

2018年10月6日から2019年1月14日まで、千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館で開催されていた「言語と美術――平出隆と美術家たち」展のものです。

展覧会カタログは、書店でも扱われていたので入手することができたのですが、会場に置かれた、こうしたフライヤーやリーフレットは、カタログとはまた別物です。

ドナルド・エヴァンスの作品も展示されていたので、宅急便などではなく、切手の貼られた郵便で送られてきたのもうれしいところです。

首都圏在住ながら往復5時間かけて出かけた「見者」の友人曰く、「比類ない展覧会」だったとのこと。
やはり、なんとかやりくりして行くべきだったかと後悔しきり。