swallow-dale logo

[home] | [SWALLOW-DALE] | [my favorite things] | [平田信芳文庫] | [profile] | [mail]


スワロウデイル

 編集工房SWALLOW-DALEのアーカイヴ準備室です。ときどき更新します。

平田信芳文庫

 平田信芳(1930年9月15日 - 2014年2月15日)の思い出に、
「平田信芳文庫」を開設しました。(2014年10月28日)

 

SWALLOW-DALE

 不定期刊小冊子『SWALLOW-DALE』をPDFで公開していく予定です。おもに鹿児島についてのテキストになります。忘れられている、忘れ去られている話題を取り上げていく予定です。時代遅れというか、時代とずれた話が続く予定です。

【2019年11月20日】児玉達雄さん(1929~2018)の一周忌に、『SWALLOW-DALE 07 北と南 村 次郎と児玉達雄』を準備中です。

 

my favorite things

 しばらく「20世紀書店」が続きます。ほかの世紀にもお邪魔します。

 

300. 1954年ごろの村 次郎自筆『風の歌』ほか6つの異版(2020年2月15日)

1954年ごろの村 次郎自筆『風の歌』ほか6つの異版


第263回 1973年ごろの村 次郎詩集『風の歌』筆写版(2019年3月1日)」などでも書きましたが、児玉達雄と村 次郎の間には、深い結びつきがありました。村 次郎のことをもっと知るためにも、2011年に青森八戸で刊行された『村 次郎全詩集』を手にしたかったのですが、なかなか見つけられませんでした。
その『村 次郎全詩集』(2011年、村 次郎の会)をようやく入手することができました。
この機会に、手もとにある村 次郎「風の歌」の異版について、まとめておきたいと思います。

現在、わたしのもとに、児玉達雄さんの妹、大迫幸子さんのご好意で、児玉達雄さんの遺稿が入った7つの箱があります。
ほとんどが不定稿やメモで、文学書簡や雑誌類は少なかったのですが、そのなかに、村 次郎が児玉達雄に贈った、直筆の詩の清書原稿や手紙も少しだけですが、含まれていました。