swallow-dale logo

[home] | [SWALLOW-DALE] | [my favorite things] | [平田信芳文庫] | [profile] | [mail]


スワロウデイル

 編集工房SWALLOW-DALEのアーカイヴ準備室です。ときどき更新します。

平田信芳文庫

 平田信芳(1930年9月15日 - 2014年2月15日)の思い出に、
「平田信芳文庫」を開設しました。(2014年10月28日)

 

SWALLOW-DALE

 不定期刊小冊子『SWALLOW-DALE』をPDFで公開していく予定です。おもに鹿児島についてのテキストになります。忘れられている、忘れ去られている話題を取り上げていく予定です。時代遅れというか、時代とずれた話が続く予定です。

 

my favorite things

 しばらく「20世紀書店」が続きます。ほかの世紀にもお邪魔します。

 

359. 1980年の「蓮實重彦・山田宏一が選んだ100冊の映画の本」(2021年10月14日)

1980年の「蓮實重彦・山田宏一が選んだ100冊の映画の本」ちらし表

 

本を開くと、なつかしいちらしが、はさみこまれていました。

西武渋谷店B館地下一階ブックマートが、雑誌『話の特集』と組んで月ごとに開いていた「書店・話の特集」の、1980年10月のちらし「蓮實重彦・山田宏一が選んだ100冊の映画の本」です。

B6のちらしで、ひどく日焼けして痛んでいますが、まだ文字はしっかり読めます。
上部に一個所、押しピンの穴あとがあります。
両隅でなく、なぜ真ん中だけにピンを推したのか、と考えたら、学生時代、確か狭い台所横の柱にピン留めしていたことを思い出しました。

蓮實重彦・山田宏一の本の内容からすると、こんな本も選ぶのかという選書でしたが、この100選はとても参考になって、これを手がかりに映画の本を買ったり、読んだりしていました。

40年前の基準点になった、ちらしだったのだと思います。